« 迷い猫 | トップページ | 無事に »

池田理代子 永遠のベルサイユのばら展

Top_0096 『池田理代子 永遠のベルサイユのばら展』がハウステンボス内で行なわれています。

期間は11月16日までとなり、あと残り一週間となりました。

お客さんは女性の方が多かったように見受けられました。

年齢層もやや高めという感じがしましたが、多くのお客さんが熱心に観ていらっしゃいました。

Sub1_0096 1972~1973年に描かれた「ベルサイユのばら」の原画をご紹介。

貴重な原画だけでなく、オスカルが作品中で生涯ただ一度だけ着たドレスを再現、展示や、劇画のムービー上映、珍しい海外の本、宮廷文化を知る上で貴重なロココ調のドレスなど、漫画史に残る不朽の名作の世界を様々な角度からご紹介いたします。

あらためて、『ベルばら』を思い出したり、フランス革命を再考するのに、本当に良い展示会でした。

オスカルの勇姿、そして悲劇の終末を迎える『ベルばら』。

35年経っても色あせない素敵な作品を、今一度思い出してはいかがでしょうか?

|
|

« 迷い猫 | トップページ | 無事に »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81988/43059044

この記事へのトラックバック一覧です: 池田理代子 永遠のベルサイユのばら展:

» マリー・アントワネットの日常 [秘密の花園 +]
バラを持つマリー・アントワネット 25歳のとき 作者は女流画家のヴィジェ・ルブラン マリー・アントワネットは、どんな日常を過ごしていたのでしょう。 ここに、参考になるものがあります。 マリー・アントワネットが、母マリア・テレジアにあてた手紙です。 御母上様... [続きを読む]

受信: 2008/11/21 09:56

« 迷い猫 | トップページ | 無事に »