« ガソリンスタンド消滅の恐れ | トップページ | 反省会 »

W杯最終予選、日本がカタールを3-0で下す

Thumbyomiuri2008112000108sports サッカーの2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会アジア最終予選で19日(日本時間20日未明)、A組の日本はカタールと対戦し、3-0で勝利した。

 日本は19分、田中達のシュートで1点を先制し、1-0で折り返した。

 日本は47分、玉田がシュートを決め、2-0とし、68分には闘莉王のゴールで3-0と引き離し、そのまま逃げ切った。

 日本の先発メンバーは次の通り。 

 ▽GK 川口(磐田)

 ▽DF 内田(鹿島)、寺田(川崎)、闘莉王(浦和)、長友(F東京)

 ▽MF 長谷部(ウォルフスブルク)、遠藤(G大阪)、中村俊(セルティック)、大久保(神戸)

 ▽FW 田中達(浦和)、玉田(名古屋)

後半の後半ぐらいから観れました。(笑)

おいらが起きた時は2-0だったのだけど、観戦する時には3-0になってました。

試合前の予想に反し、3-0で快勝しました。

もう終わり近くしか観てないのだけど、今回はパスからの攻撃姿勢も良かったし、守備の姿勢も前線・中盤ともよくやってました。

アウェイでの勝ち点3は大きいですね。

これに油断することなく、毎試合こういう感じだと安心できるんですが、そういかないのが勝負ごとですね。

今回は怪我人も多かったので、来年2月のオーストラリア戦には万全の体調で迎え撃って欲しいですね。

|

« ガソリンスタンド消滅の恐れ | トップページ | 反省会 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯最終予選、日本がカタールを3-0で下す:

« ガソリンスタンド消滅の恐れ | トップページ | 反省会 »