« 劇場版MW | トップページ | アニメソング史(ヒストリー)III »

ブラジルW杯への第一歩

Scc1009041836008p1新生日本、初陣飾る!パラグアイに“リベンジ”

サッカー日本代表は4日、キリンチャレンジ杯・パラグアイ戦(日産スタジアム)で1-0で勝利。南アフリカW杯後の初戦で、W杯で敗れたパラグアイにリベンジした。

 日本代表はW杯先発メンバーのMF長谷部(ウォルフスブルク)やDF闘莉王(名古屋)などが代表辞退。大幅なメンバー変更が予想されていたが、FWに森本(カターニア)を1トップで起用。MF本田(CSKAモスクワ)はトップ下。W杯メンバー外だったMF香川(ドルトムント)や初代表のMF細貝(浦和)、DF栗原(横浜M)も先発出場した。

 前半は本田のFKや、中村憲のCKからチャンスは作ったが得点を奪えず。しかし後半19分、中村憲からのスルーパスをエリア手前中央で受けた香川がトラップし、そのまま右足でシュート。ポスト右をかすめたボールはゴール中央に突き刺さった。守備陣も奮闘しパラグアイを完封。GK川島がバリオスと1対1になるピンチもあったが、川島が体を張ってセーブ。ゴール前でのシュートを岩政と長友がクリアするなど、パラグアイの攻撃を凌ぎきった。

新生日本代表が新たな一歩を歩み始めました。

どんな試合内容になるのかと思ってたら、意外と攻守にまとまりがあって、安心して観られた。

これが4年後のW杯に向けてのスタート。

今までの日本代表に比べると、頼もしさが増した感じがしましたね。

格上のパラグアイ相手に、ボール支配率が悪くなるのは仕方ないことです。

こうやって格上相手との対戦で、自信と反省を繰り返して強くなっていって欲しいですね。

そして、サポーターは根気よく応援し、叱咤激励しながら、日本代表が強くなるように応援しましょう。

がんばれ日本代表

|

« 劇場版MW | トップページ | アニメソング史(ヒストリー)III »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルW杯への第一歩:

« 劇場版MW | トップページ | アニメソング史(ヒストリー)III »