« 今日 | トップページ | 第11回ジャパンカップダート(G1) »

機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

Gundam00_mainvisual_m『機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- 』ようやく観ました~。

しかも貸切でした。(笑)

こちらでは先月の下旬から3週間限定での上映・・・今週の金曜日で終了という中でした。

内容は、24世紀初頭、突如として姿を現した私設武装組織「ソレスタルビーイング」。

彼らはガンダムによる戦争根絶を掲げ武力介入を開始、一時は組織壊滅の危機を迎えながらも、争いの絶えなかった世界を急変させた。

地球連邦政府の成立。

その後の独立治安維持部隊アロウズの専横による戦争状態を経て、武力に頼らない社会を選択するに至った人類だったが、西暦2314年、再び危機が訪れる。

130年前に廃船となっていた生体反応の無い木星探査船が地球圏に接近してきた。

それは、人類の存亡をかけた戦いの始まりを告げる船だった・・・

戦いの中、人類の水先案内人たる革新者(イノベイター)へと進化したソレスタルビーイングのガンダムマイスター、刹那・F・セイエイ。

彼は、新たな危機の中で、自らの進化の本当の意味と直面する。果たして、イオリア計画の最終段階とは。そして、「来るべき対話」とは一体何なのか――

これで、『ガンダムOO』という作品に終止符が打たれるということもあり、是非、観ておかないと思ってた矢先の上映発表でした。

そして冒頭、まさかの始まりでした。(笑)

あれは、アクシズsign02

そうそう、ガンダムマイスター4名の登場の仕方は、見せ場ありで良かったけどね。

マイスターお決まりの登場パターンとも言えるけど。

何といっても、今回の敵は人類じゃないところに驚きがありました。

(何となく、スパロボ大戦かsign02と思うところも・・・。)

ただ、どうやっても戦力としては不利だよね・・・戦力の違いが明らかなわけだし・・・。

しかも変形・・・ミサイルやMS、巡洋艦にもなっちゃったし。

そして連邦側の切り札みたいなデカルト大尉は、呆気なく取り込まれちゃったしさ~。

冒頭では、こいつが刹那の敵sign02とも思ったのだけど、意外な終焉でした。(笑)

刹那の新MSである「ガンダムダブルオークアンタ」は登場したらと思ったら、もうラストだもんね。(笑)

でも『ガンダムOO』のラストとしては、これで良かったのかもね。

テレビシリーズを劇場で終止符・・・しかも「大団円」で終わってくれたのは、ほんと嬉しかった。

エンディング中、トイレに行きたくなったのだけど、我慢して良かったよ。(笑)

|
|

« 今日 | トップページ | 第11回ジャパンカップダート(G1) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

クリスマスにははやくもDVDが発売になるようですが、まだ公開していたところがあったのですね~~

ひとつの映画としてなら完成度は高いと思うのだけど、私としてはやっぱり「ガンダム」にこだわりがあるからちょっと微妙です(^^;

投稿: たいむ | 2010/12/05 17:53

たいむさんへ
TBありがとうございます。
たいむさんに遅れること約3カ月ですね。think
はい、ようやく観れました。
もう3週間後にDVD発売ですね。gawk
あれこれ押し込まないといけませんからね、前後篇の映画でも良かったかな。(笑)
まともに観てないおいらとしては、これで満足しちゃってませけどね。
さて、「SEED」はどうなんでしょうね~。

投稿: Brian | 2010/12/05 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81988/50216723

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-:

» 劇場版「機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」(舞台挨拶付き)みた。 [たいむのひとりごと]
初日丸の内ピカデリー舞台挨拶つきの初回を鑑賞。いきなりだが、EDロール後に少しずつ前日譚と後日談の両方があるので、最後まで席をたたないよう先に忠告しておこう。率直な感想をいうと、劇場版「00」は堪能さ... [続きを読む]

受信: 2010/12/05 17:56

« 今日 | トップページ | 第11回ジャパンカップダート(G1) »