« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の9件の投稿

佐世保空襲の日

今日は「佐世保空襲の日」でした。

午前10時には黙祷のサイレンも鳴りました。

ささやかですが、黙祷を捧げました。

当時のことなんて、もちろん知りません。

が、うちの親父や叔父たちから当時の話を聞いた時の方が学校で教えてもらった話よりも現実味があったと感じてます。

佐世保市民のたくさんの命が亡くなった戦争・・・・。

そんな戦争の悲しみを思い出す日に、これからもしたいですね。

これから広島原爆の日、長崎原爆の日、終戦記念日と迎えますが、それぞれの地域において空襲に遭われた地域は、いっぱいあると思います。

今を生きてるおいらが出来ることは、戦争を起こさないこと。

そして、尊い犠牲になった人たちに対する黙祷だけかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

蟻塚

Cimg1185

Cimg1186
見づらいでしょうが、小さい蟻塚が出来てます。

(土が盛り上がってる場所です。)

しかも出来てる場所が、苺の根本から茎にかけて・・・。

一度、先週末に壊したのですが、今日見たらまた出来てました。

懲りないものなんですね・・・。

こんな状態で苺が育つのかが問題なのですが、白蟻予防としてはあっても良いのかと・・・。(笑)

今まで2~3年間に渡り、苺を育てましたが、こんな状態になったのは初めてです。

これ以上は大きくならないと思うのですが、もし大きくなったら、もう一度壊してみるかなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クルマ用ファブリーズ

41lz8oqvfhl__sl500_aa300_
クルマ用ファブリーズを購入しました。

今までファブリーズを購入したことがなかったのですが、ゴミの搬送を行ってたところ、ゴミ捨てた後にも係わらず臭いが車の中でする・・・。

会社の人を乗せることもあるので、臭いを消したい。

普通に、ファブリーズを購入しにホームセンターに行ったのですが、クルマ用ファブリーズを見つけてしまいました。(笑)

シート、天井、トノカバーにと吹きつけたところ、気になるゴミの臭いを感じなくなりました。

サイズも通常のファブリーズよりコンパクトになってるので、車の中のドアポケットやシート裏のポケット等に入れられます。

また、今度は自宅のゴミ運ぶ時には使用することになるかなsign02

続きを読む "クルマ用ファブリーズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

第53回宝塚記念(G1)

馬名 性齢 斤量 馬体重 騎手 厩舎
1 01 ウインバリアシオン 牡4 58.0  

岩田 康誠 西 松永 昌博
1 02 ショウナンマイティ 牡4 58.0  

浜中 俊 西 梅田 智之
2 03   ヒットザターゲット 牡4 58.0  

古川 吉洋 西 加藤 敬二
2 04   マウントシャスタ 牡3 53.0  

川田 将雅 西 池江 泰寿
3 05   スマイルジャック 牡7 58.0  

田辺 裕信 小桧山 悟
3 06 エイシンフラッシュ 牡5 58.0  

内田 博幸 西 藤原 英昭
4 07 ルーラーシップ 牡5 58.0  

C.ウィリアムズ 西 角居 勝彦
4 08 △  アーネストリー 牡7 58.0  

佐藤 哲三 西 佐々木 晶三
5 09   ビートブラック 牡5 58.0  

石橋 脩 西 中村 均
5 10   ナカヤマナイト 牡4 58.0  

柴田 善臣 二ノ宮 敬宇
6 11 オルフェーヴル 牡4 58.0  

池添 謙一 西 池江 泰寿
6 12   フェデラリスト 牡5 58.0  

蛯名 正義 田中 剛
7 13   モンテクリスエス 牡7 58.0  

幸 英明 西 松田 国英
7 14   ホエールキャプチャ 牝4 56.0  

横山 典弘 田中 清隆
8 15 トゥザグローリー 牡5 58.0  

福永 祐一 西 池江 泰寿
8 16   ネコパンチ 牡6 58.0  

江田 照男 星野 忍

続きを読む "第53回宝塚記念(G1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アフターパーティー参加予定

Kt_photo_main_aSUGIYAMA,KIYOTAKA The open air live“High & High 2012”

アフターパーティー参加の申し込みを行ってましたら、今日結果が届きましたsign02

結果は、抽選に当たっちゃいましたsign01

Cimg1183
当初の募集は東京発40名、福岡発40名、現地集合70名の150名での募集でした。

 

大幅に上回る募集があったため、50名増加の合計200名となりました。

 

今回のツアー参加者には特典があって、杉山さん本人とのグループ集合写真撮影とライブ会場での限定ツアーパスをプレゼントとなってます。

 

Cimg1184女性の申し込みが多い中、男性は少ないと思って淡い期待はあったものの、実際問題、女性の方が華やかだから、どうかという不安も・・・。

 

そもそも、くじ運も良いわけでは無いし・・・。

これも同行するファン友さんのくじ運の良さのおかげだね。happy01

続きを読む "アフターパーティー参加予定"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ellesse(エレッセ)ES-S101C1

S1012
ellesse(エレッセ)ES-S101C1を購入しました。

初のスポーツサングラスになります。(苦笑)

Ess10112こちらのサングラス、レンズが5枚セットになっていて、交換が出来るようになっています。

それとインナーフレームが付いており、こちらにレンズをセットし、サングラスに装着することにより、近視の方でも安心して使えるようになっています。

ゴーグル仕様ベルトもセットになってます。

レンズ交換が出来るのは、用途によって変更も可能だし、その日の気分によって変更するのも良しということですね。

8月に大阪小旅行が待っているので、その準備も兼ねての購入ですnote

重さも軽く感じるし、下を向いても落ちる心配もなさそうです。

問題は似合うか似合わないかですね。(笑)

基本的に日本人に合うようにしてあるということですので、ま、大丈夫かなsign02

続きを読む "ellesse(エレッセ)ES-S101C1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

7月17日発売予定の新アルバム

51zgpmgmkfl__sl500_aa300_Tetsuji Hayashi Selection 杉山清貴&オメガトライブ「The Other Side of The Omega Tribe」

オメガトライブの作曲家、サウンドプロデューサー=林哲司が選ぶもう一つのオメガトライブ。
■80年代、ヒットチャートを席巻した杉山清貴&オメガトライブ。衝撃のデビューから、
作品を提供し続け、オメガトライブ・サウンドを確立した影のメンバー=作曲家・林哲司に
よるスペシャル・セレクションを杉山清貴の誕生日である7月17日についにリリース!
■オメガトライブのヒット曲 は知っているが、アルバムの収録曲は知らない─というかつての
エンドユーザーから、ベスト盤でオメガトライブを知ったと いう新ユーザーも杉山清貴&オメガトライブの
世界観が堪能できるマスト・アイテムです。


01. MIDNIGHT DOWN TOWN
02. TRANSIT IN SUMMER
03. ALONE AGAIN
04. Do It Again
05. BECAUSE
06. Silent Romance
07. Never Ending Summer I
08. Never Ending Summer IV~Prolog
09. JOANNA
10. ROUTE 134
11. YOU'RE A LADY, I'M A MAN
12. PLATONIC DANCER
13. 二度目のイヴ
14. FIRST FINALE

続きを読む "7月17日発売予定の新アルバム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

観れた!

Cimg1179部分日食(金環日食)は、お天気悪くてダメでした。

部分月食、こちらも曇ってて、ダメでした。

でも、今日の金星の太陽面通過は観れましたsign01

日食グラスも日の目を見ることが出来ました。(笑)

Cimg1174

そのままで写真を撮ると、太陽が明る過ぎて、さっぱり分かりません・・・。

Cimg1180_sp0000

日食グラスを通して、ようやく確認出来ました。

とりあえず観れて本当に良かったhappy01

天体ショーって、やっぱり素敵ですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ナイトローズガーデン

Cimg1137
ハウステンボスに、またもやお邪魔してきました。(笑)

夜は半年ぶりぐらいですね。

お出迎えは、この船のライトアップから。

昼間は、つい見過ごしてます。coldsweats01

Cimg1140

ハウステンボスと言えば、やっぱり風車ですかねsign02

さすがに昼間より人通りが少ないので比較的撮りやすかったです。

Cimg1141

Cimg1142
今回の目的地「ナイトローズガーデン」へ向かって前進です。

観覧車のイルミネーションが綺麗ですよね~note

続きを読む "ナイトローズガーデン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »