« 雷雨 | トップページ | “High & High 2012”アフターパーティー »

SUGIYAMA, KIYOTAKA The open air live "High & High 2012"

Cimg1237SUGIYAMA, KIYOTAKA The open air live "High & High 2012"
30周年 pre live・大阪スペシャル

大阪城野外音楽堂で8月18日に行われました。

Cimg1236
写真は、8月19日朝の模様です。(当日は撮影ご法度でしたから・・・。)

午後3時30分開場予定だったのですが、突然の雷雨により1時間延期になりました。

同じホテルと宿泊されて、同じライブに行かれる杉山さんのファンの方に教えていただきました。

優しいファンが多いですね。

ファン友さん4名と一緒に会場入りです。

Cimg1223
おいらの席は、ファン友Hさんのおかげで最前列ですsign01

Hさん、本当にありがとうございました。

開場の時は、ポツポツとした雨が残った状態でしたが、開演時間が迫るにつれ、雨脚が強くなってきました。

でも、ここに来れなかったファン友ちいこさんの分も来たみんなで楽しまないとねhappy01

やはり野音・・・最初から総立ちですnote

いつもなら2~3曲歌うとMC(メンバー紹介も含めて)があるのですが、そのまま立て続けに歌う杉山さん。

セットリストを覚える余裕が既に無くなってます。(笑)

雨が降ってることもあってか、座れない観客のためにMC後回しなのかなsign02

それでも一向に雨が止む気配ありません・・・MC始まっても立ったままです。(笑)

「照る照る坊主(観客の雨合羽姿)がいっぱいあるのに、雨止みませんねsign01」だって。

そうそう杉山さん、この一連の曲で、ちょっとやらかしたようで、舌出して苦笑いしてました。bleah

前半終了後、バンドメンバーは一度引っ込んじゃいました。

すると、大きな目覚まし時計を持って、Special Guest 根本要さん登場ですsign01

ここからは主役交代(笑)

もはや、要トーク全開です・・・・杉山ファンも要さんの世界に吸い込まれてました。

アマチュア時代からの知り合いなので、アマチュア時代とデビュー間もない頃(オメガ時代)の暴露話が次から次へと・・・。

杉山さん苦笑いするしかない・・・・。(ベストテンに出るのに、サーフボード持って新幹線に乗り込むしね。)

それでも二人揃ってのセッションになると、吸い込まれて聞き入っちゃいました。

この二人でライブする最高でしょうねsign01いつか実現して欲しいものです。

CDかDVDになると、もっと良いけど。

要さんの持ち時間30分も、あっという間に無くなります・・・。

もっと聞きたかったぞ~note

要さんの最後の曲は、持ち歌の「今夜だけきっと」でした。

杉山さんと要さんのハモリが大阪城野外音楽堂の空に響き渡りました。

もう、この頃は雨も止んでましたよ。happy01

後半、バンドメンバーも衣替えが終わり(笑)、再登場です。

この時、初めて席に座りました。coldsweats01

怒涛の後半、始まりです。

バラード曲もあったのですが、ここでも杉山さんが歌詞忘れの暴挙を。(笑)

しかも立て続けに2曲sign03

大阪野音、いろんな意味で忘れられないことになりましたbleah

「SUMMER SUSPICION」が出ると盛り上がりも最高潮ですup

杉山さんから「さよならの」と言葉が出ると、観客が一緒になって、「お~~しゃ~ん」と叫ぶところは、野音ならではなのでしょう。

アンコールの「THE DREAM」でも観客一体となって、「ラ・ラ・ラ」のハミングnoteと右手フリフリpaper

この一体感は心地良かったです。(DVDで確認したいよ~、DVD発売してくれないかなぁ~)

今年の野音の締めは「LIVIN'IN A PARADISE」note

野音の定番ですねhappy01

今回、珍しく3回もお色直しを行った杉山さんでした。

風邪をひかないためなのかなsign02

演奏終了後、「ふたりの夏物語」がBGMとして流れてくると・・・観客が歌い出す。

もちろん、この場所に来れなかったファンのため、おいらも歌っちゃいましたよ~。

ワンコーラスで終わるの勿体なかったですね。

ファンの一体感もここで再確認させていただきました。

楽しい時間は、あっという間です。

後半は、心地良い天然のクーラーのおかげで、暑い思いもしなくて済みました。

その代わり、熱いライブでしたが・・・。

セットリスト、覚えられなかったので、他所のブログで拝借しましたcoldsweats01

セットリスト

・HERE COMES THE SUN(THE BEATLES)
・KONA WIND
・波
・HONOLULU CITY LIGHTS
・ROCK ISLANDS
・NOAH -虹の大陸-
・ここから始まる物語

-Special Guest 根本要 from STARDUST REVUE-
・If I Fell

・また逢う日まで
・Joy to the world
・今夜だけきっと

・TRANSIT IN SUMMER
・君の休日
・A Crazy Love
・モノローグ
・reflexive love
・PARADISE
・SUMMER SUSPICION
・さよならのオーシャン

-EN-
・THE DREAM
・LIVIN'IN A PARADISE

|
|

« 雷雨 | トップページ | “High & High 2012”アフターパーティー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81988/55477697

この記事へのトラックバック一覧です: SUGIYAMA, KIYOTAKA The open air live "High & High 2012":

« 雷雨 | トップページ | “High & High 2012”アフターパーティー »