« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の23件の投稿

第32回ジャパンカップ(G1)

20121<ジャパンC>◇25日=東京◇G1◇芝2400メートル◇3歳上◇出走17頭

 3歳牝馬ジェンティルドンナ(石坂)がオルフェーヴルとのゴール前たたき合いを制しG1・4勝目を挙げた。3歳牝馬のジャパンC制覇は史上初。勝ち時計は2分23秒1。鼻差の2着には1番人気のオルフェーヴル、2馬身半差の3着に2番人気ルーラーシップが入った。
 ゴール前の2頭の競い合いを鼻差で制したジェンティルドンナだが、1着が確定するまで審議は20分も続いた。岩田康誠騎手(38)は「完璧なレース運びができたが、スペースがないところに行って申し訳ない。悔いが残るレースになった」とインタビューの冒頭におわびを入れてから、話を始めた。

ジェンティルドンナ強かったです。

史上初めての三冠馬VS三冠牝馬の軍配は三冠牝馬へ・・・。

それにしても長い審議だった。

これで、ジェンティルドンナは文句なしで、ブエナビスタ級を証明しましたね。

続きを読む "第32回ジャパンカップ(G1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

御橋観音

Cimg1838

Cimg1841
吉井町にある『御橋観音』に行ってきました。

初めて訪れたのだけど、訪問者がいっぱいでした。

Cimg1830

Cimg1833

紅葉を楽しみに来られた方ばかりみたいでした。

もちろん、おいらも・・・。(笑)

下の方から望遠で撮ったのだけれど、自然石で出来た橋が確認できます。

続きを読む "御橋観音"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

光の王国2012  No.4

Cimg1808

Cimg1809
見応え有り過ぎて、記事が多くなっちゃいました。(笑)

だって歩いて移動してると、次々に出てくるんだもんね。

こちらのツリーも綺麗だよね。

Cimg1812

Cimg1813

Cimg1814
観覧車のライトアップが霞んじゃうの艶やかさ。

続きを読む "光の王国2012  No.4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

光の王国2012  No.3

Cimg1791

Cimg1792

Cimg1794
アレキサンダー広場には、いろんなクリスマスツリーが飾られてます。

Cimg1795

Cimg1797

いつもながら、ここのこのツリーは見応え充分です。

めちゃ映えるよねnote

観光客も多数いて、あちこちで記念撮影してました。

続きを読む "光の王国2012  No.3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

光の王国2012  No,2

Cimg1768 

Cimg1770_3目指すは、この時期にしか入らない「パレスハウステンボス」(笑)

だって、別料金だからね。

以前はチューリップ祭の時も行ってたけど、今年は行かなかったしね。

Cimg1771 

Cimg1772_3

Cimg1773_2
パレスハウステンボスのバロック式庭園では、「音と光のプロムナード」note

Cimg1774

Cimg1776

Cimg1778

Cimg1779_2クラシック音楽と照明の点滅がシンクロして、いつもながら魅了されます。

終わった後は自然と拍手が出ます。

ほんと素晴らしいの一言sign01

続きを読む "光の王国2012  No,2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

光の王国2012  No,1

Cimg1753
ハウステンボスの『光の王国』に行ってきました。

3連休初日であり、『光の王国』イベント初日でもありました。

さすがに観光客が多いよね。(苦笑)

Cimg1751_2
入口付近でも、ライトアップがされてました。

こんなんあったけsign02

Cimg1754
とりあえず、中川翔子さんによる点灯式が行われる「アートガーデン」へ直行です。(笑)

側の運河も船もライトアップして綺麗でした。

(芸能人の写真撮影は禁止です・・・仕方ないね。上の中川翔子さんの名前をクリックすると、真実が確かめられます。(笑))

続きを読む "光の王国2012  No,1"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

御船山楽園 No.3

Cimg1726

Cimg1723
また出掛けてくるのも難しいので、そのまま17時30分からの「たまゆらの夕べ」にも入場しました。

池の周囲を周るだけなのだけだけど、ライトアップがされてて綺麗でした。

Cimg1725

Cimg1730

 観光客みんな立ち止まって、記念撮影ばかり。(笑)

続きを読む "御船山楽園 No.3"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

御船山楽園 No.2

Cimg1679

Cimg1680この辺りは春先、ツツジの花が綺麗だそうです。

 

Cimg1681_2

Cimg1682

Cimg1683

Cimg1684

この後もひたすら紅葉を求めて散策しました。(笑)

続きを読む "御船山楽園 No.2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

御船山楽園 No.1

Cimg1661

Cimg1663
武雄市『御船山楽園』に行って来ました。

『九年庵』の帰りに直行です。

こちらも多くの観光客です。

Cimg1662
ここは鍋島藩のお殿様が作った回遊式の庭園です。

おいらが購入したのは昼夜の共通券。

「紅葉まつり」と「たまゆらの夕べ」を楽しめます。

Cimg1665 

Cimg1666こちらも色鮮やかです。

青空に映えますね~note

続きを読む "御船山楽園 No.1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

九年庵 No.3

Cimg1647_2

Cimg1644

Cimg1646
再び参道へ。

あちこち見頃です。

Cimg1648

Cimg1649
自然のコントラストが作りだす至福の時間といった感じでしょうが・・・。

続きを読む "九年庵 No.3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

仁比山神社

Cimg1623

Cimg1625
九年庵の側にある『仁比山神社』です。

山門も参道も仁比山神社のものなんでしょうが・・・。

こちらの紅葉も綺麗です。

Cimg1626

 

Cimg1627

 

Cimg1629
しばしご堪能を。

Cimg1630

Cimg1631 

Cimg1633

続きを読む "仁比山神社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

九年庵 No.2

Cimg1604
 

Cimg1605
 

Cimg1607
あまりにも数多くの写真を撮ったので、記事を分けることにしました。(笑)

Cimg1608

Cimg1611 

Cimg1618_2にしても、観光客を除いて写すのが大変でした。(笑)

続きを読む "九年庵 No.2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

九年庵 No.1

Cimg1748
『九年庵』に行きました。

国の名勝に指定を受けてます。

今の時期に9日間だけ一般に公開されます。

Cimg1746
この時期、直接、近くの駐車場に行くのは止めた方が良いです。

吉野ヶ里公園の臨時駐車場からシャトルバスに乗って、九年庵へが最良です。

シャトルバスも数多いので、そんなに待ち時間もありません。

Cimg1612九年庵、こんな感じです。

葦葺の屋根の建物が風流を増しますね。

続きを読む "九年庵 No.1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

携帯壊れた・・・。

昨日の朝、突然携帯が使用不可になりました。

見たことのない画面表示が出た後、「機種PINの入力をお願いします。」という画面が・・・。

ウォーキング終了後、携帯ショップへ行った。

簡単に終わると思ってたら、結構やばくてそのまま修理に出されることに・・・。

問題なのが、立ちあがらないため、使ってた携帯から代替携帯へのデータ移行が出来なかったこと。

アドレス帳もメアドも全て分からなくなりました・・・。

バックアップは必要だよね。

ということで、誰にもどこにもメールも電話も出来ないや。

もうすぐ5年近くなるけど、修理に出すのは3回目。

ぼちぼち次を考える時期なのだろうか・・・。

次は、やはりスマホsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

第2回エコウォーキング No.2

Cimg1582_2
写真が多かったので、分けました。(笑)

ここは地元の銀行の発祥の地になるらしいです。

もうひとつは役場の跡地らしいです。

Cimg1585

 

Cimg1583

 

Cimg1584 早岐駅の側も通りました。

煉瓦色の建物も歴史的価値が大きいらしいです。

元々、ここが最西端の駅だったらしい。

Cimg1586
「こもりばし」今は掛け替えられてるけど、ここはあの伊能忠敬が歩いた橋だそうです。

早岐から先の平戸までの道のりは悪路で大変だったらしいです。

Cimg1587
広田地区に窯元があったらしく、その窯の跡が見ることが出来ました。

説明受けないと分からなかったよ。

(近所のおばさんが不思議そうに、説明を受ける参加者達を見てたよ。)

続きを読む "第2回エコウォーキング No.2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

第2回エコウォーキング No.1

Cimg1597『第2回エコウォーキング~させぼ早岐・広田エリアの歴史体感コース~』に参加してきました。

生憎の雨となるかと思いきや、曇天と時折の晴れ間と小粒の雨という雨具必要なしのウォーキングになりました。

今回で第2回になる『エコウォーキング』

地元の商工会議所青年部主催による地元の歴史を学びながら道路のゴミを拾いながら歩き回るというウォーキングです。

今回は早岐広田地区。

Cimg1551  

Cimg1550_3

 まずは住吉神社から。

Cimg1552
次は早岐商店街の中にある「早岐一里塚」跡。

普段の生活の中にあるちょっとした場所の歴史物。

歩いて回らないと気付かないかもしれませんね。

Cimg1553
地図にも表示がしてあるのだけど、こちらも眺めなきゃ分かりません。

Cimg1554

Cimg1555
かの吉田松陰が泊まった旅館跡地の看板もあったり、早岐浦の役場跡碑があったりする。

続きを読む "第2回エコウォーキング No.1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

洗心 純米大吟醸

Se04sei011815洗心 純米大吟醸』購入しました。

久保田の蔵の限定酒!!
洗心 …尊ぶこころ 煌めくこころ
この米は五百万石に比べるとやや小粒で酒にするとアミノ酸が大変少ない、いわば生まれながらの色白のすらりとした美人であるようです。
この米をさらに3昼夜かけて28%まで磨きあげ、精魂こめて醸しました。上槽後、精製行程を経て、火入れが行われ1年と数カ月間、ゆっくりと 3度のタンクで眠ったお酒(古酒)です。

あるところで美味しい日本酒ということで紹介されたので、発売されるこの時期まで待ってました。(笑)

聞くところによると『久保田 萬寿』より美味しいとか・・・。

とりあえず飲んで試さなきゃ。

さて、いつ飲むかだね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雲仙紅葉

Cimg1455
妙見岳の頂上からの様子です。

紅葉を楽しむ観光客がいっぱいsign01

おいらも、その一人ですね。(笑)

Cimg1459

Cimg1461
「妙見岳展望所」にある木々も色づいて綺麗でした。

観光客もここで記念写真を撮ってました。

Cimg1462
こんな道(階段)をひたすら上がって、妙見岳頂上を目指します。

Cimg1465
頂上に行く途中にも紅葉を楽しめる場所がありました。

続きを読む "雲仙紅葉"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

雲仙仁田峠

Cimg1447

Cimg1504
ようやく辿り着いた『仁田峠』

駐車場も観光客もいっぱいです。

「駐車時間一時間以内」という表示もしてありました。

あの大渋滞を考えると頷けますね。

Cimg1448

Cimg1505
紅葉を楽しみに来たのだから、周囲を見回しながら、あちこちをパチリcamera

続きを読む "雲仙仁田峠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

仁田峠循環道路

Cimg1445
『仁田峠循環道路』に入って、仁田峠の駐車場まで、一時間待ちという話で行ったところ、その倍以上の時間が掛かるほどの大渋滞でした。

おかげで車窓から写真も撮れたのですが・・・。

Cimg1442
これも遥か彼方に見える「雲仙ロープウェイ」です。(笑)

Cimg1438_2
ここ『仁田峠第二展望所』までは、渋滞も無くスムーズに来れました。

ところが、ここから見える道路には車の大渋滞が・・・。

Cimg1441
この『第二展望所』からの眺めは良いということで、一旦駐車しました。

ここで駐車整理してる従業員の方から、開通時間の8時前から渋滞してたらしいです。

続きを読む "仁田峠循環道路"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

轟峡

Cimg1534
『轟峡』の轟の滝です。

こちらでも紅葉が楽しめるということで、初めて行きました。

Cimg1539

Cimg1538
この『轟峡』には6つの滝があるそうです。

時間がなかったので、見て周ることは出来ませんでした。

Cimg1528こんな道を下りて滝を目指します。

結構、下って行きました。

続きを読む "轟峡"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

堤防道路

Cimg1518
かの有名な『堤防道路』です。(笑)

諫早干拓工事に伴い、当時ギロチンと呼ばれた「潮受堤防」の上に作られた道路です。

初めて行きました。

Cimg1520

Cimg1521
諫早と島原が行き来できる道路。

諫早側の駐車場には、干拓工事についての説明が掲示してありました。

Cimg1519
こちらは、あの有名な調整池になりますね。

駐車場に車を停めて、一息つく方も結構多かったです。

続きを読む "堤防道路"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雲仙岳災害記念館

Cimg1513
雲仙岳災害記念館』初めて訪れました。

こちらでは火砕流・土石流の疑似体験が出来ます。

おいらは時間があまりなかったので、要所だけを見ることにしました。

Cimg1516
それでも最初の展示物から、ガイドさんが付かれて説明を行ってくれました。

あの噴火から22年経つんですね・・・・。

Cimg1514
22年前の疑似体験以外にも江戸時代に起きた「島原大変肥後迷惑」も紙芝居風に知ることが出来ます。

子供にも分かりやすいと思いました。

続きを読む "雲仙岳災害記念館 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »