« モクセイ | トップページ | 一足先のバレンタイン・デー »

マジンガーZ対暗黒大将軍

Bb26f310『マジンガーZ対暗黒大将軍』を久々に観賞しました。

あらすじ:海底基地のゴーゴン大公は暗黒大将軍の命令を受けてニューヨーク、パリ、ロンドン、モスクワの各都市に攻撃を開始した。世界の大都市が壊滅的な打撃を受けたとのニュースを聞いた、光子力研究所の甲児、弓教授は、東京を守るためにマジンガーZを緊急出動させた。一方東京の攻撃を担当するゴーゴン大公は、戦闘獣軍団を出撃させた。悪霊戦闘獣ダンテを先頭に鳥型バーディアン、爬虫類型ジャラガ、昆虫型ライゴーンが光子力研究所を目がけて進行中、マジンガーZとぶつかった。甲児も光子力ムービー、ロケット・パンチを発射して応戦。そしてマジンガーZは大車輪ロケット・パンチと、ミサイル・ドリルで反撃し、戦闘獣を全滅させた。海底基地でテレビを見ていたゴーゴン大佐は、ダンテとマモスドンに光子力研究所の破壊を命じた。攻撃を受けた研究所は、コントロール・タワーが倒れ、甲児の弟シローは重傷を負った。マジンガーZも傷を負い研究所の地下で修理を受けていた。地底王国では、暗黒大将軍がゴーゴン大公の東京攻撃の失敗をなじり、自ら七つの軍団を指揮し、獣魔将軍を司令官に任命して、マジンガーZの攻撃に入るのだった。一方、マジンガーZの修理が間にあわず、あせる甲児、弓教授だったが、甲児は死を覚悟してマジンガーZを出撃させた。獣魔将軍の引きいる戦闘獣と戦うマジンガーZ、危うし!その時、死んたはずの甲児の父兜剣造の司令で現われたグレートマジンガーが、絶対絶命のピンチにいるマジンガーZを救い、さらに獣魔将軍を倒して、空の彼方と飛んで行った。

1tt000003729_detail
観ておれない状態になるくらいボロボロになるマジンガーZ・・・。

ボスボロットより悲惨な状態です。

これを映画館で観た時はショックだったよなぁ・・・。

『マジンガーZ対暗黒大将軍』と名をうってありますが、ご存じの様に対峙しません。

マジンガーZからグレートマジンガーへと作品ならびに主役ロボットが移行するための作品。

まさしくグレートマジンガーの強さが際立っています。

マジンガーZでは歯が立たなかった戦闘獣(ダイアナンAに至っては傷さえつけきれない。)を一撃の元に倒してしまう。

どんだけ戦闘力に差があるのだろうか・・・。(笑)

あまりにもボロボロになるマジンガーZなため、つい視聴が最後になってしまいました。(笑)

グレートよりZの方が愛着あるからね・・・・。

|

« モクセイ | トップページ | 一足先のバレンタイン・デー »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

技の名前の書き間違えが凄いです

投稿: 西脇 | 2019/11/17 08:01

技の名前の書き間違えが凄いです

投稿: 西脇 | 2019/11/17 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マジンガーZ対暗黒大将軍:

» 『マジンガーZ対暗黒大将軍』(1974) [【徒然なるままに・・・】]
最近では『仮面ライダー龍騎』が、その最終回を映画作品としてTVシリーズに先駆けて公開してヒットさせたが、この作品はその元祖格にあたる。 『マジンガーZ』から『グレートマジンガー』へ、そのシリーズの移行を鮮やかに描いてみせたのが本作なのである。 ドクターヘルを倒して平和が訪れたと思ったのも束の間、突如ミケーネの暗黒大将軍率いる戦闘獣七つの軍団が世界各地を攻撃するという事件が起きる。 日本ではマジンガーZがこれに立ち向かって何とか壊滅を食い止めたものの、この戦いでZは大きなダメージを受けてしま... [続きを読む]

受信: 2013/02/11 16:58

« モクセイ | トップページ | 一足先のバレンタイン・デー »