« 仮面ライダーアート展 in 福岡 その9 | トップページ | 自宅の花々(4月上旬) »

仮面ライダーアート展 in 福岡 その10

Cimg2313
『仮面ライダーアート展』も最後の記事となりました。(笑)

誰でもカメラやスマホを持って、各々記念写真を撮ってました。

数多くの人に愛されてきたキャラクターですね。

Cimg2311

Cimg2312
『ウィザード』だけは顔面が光ってました。(笑)

撮り辛いのに・・・・。

現在放映中ということもあり、これだけの展示でした。

この後は子供が参加できる「ライダーレース」のゲーム。

新サイクロン号と記念写真が撮れるところ、値段はフォトフレームが1,000円キーホルダーが800円でした。

乗ることは不可だったし、新サイクロン号だけじゃ魅力半減なので記念撮影しませんでした。せめて、新1号もいれば撮ったと思います。(笑)

主題歌が流してあるVTRコーナーを出るとグッズ売り場です。

Cimg2375
おいらは、この『アート展』でしか発売されていないという書籍を購入しました。値段は2,000円。

この『アート展』にて展示して原画等が載っています。

一部だけですが、こんな感じです。

Cimg2376

Cimg2377これは素敵な記念グッズになりました。

設定資料もあります。

Cimg2379
それと『祝sign01仮面ライダー40周年sign03』ということで、他の漫画家さん達が絵を描いています。

本物は展示してありました。

その下には、それぞれの思いが伝わる一言が・・・。

この絵とその一言が、また嬉しさと仮面ライダーが皆に愛されてることが、ひしひしと伝わってきました。

残念ながら、その一言はこの書籍にはありません。

機会があれば足を運び、その一言を読んで確かめてきてください。

きっと、仮面ライダーが好きでよかったと、愛されてきたことが実感できますから。

ほんと行ってよかったです。

ありがとう仮面ライダー、そして石ノ森章太郎先生。

|
|

« 仮面ライダーアート展 in 福岡 その9 | トップページ | 自宅の花々(4月上旬) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。
次にこういう企画があった際には足を運ぼうと思います。

で、ちょいと補足。
ZXは10号なのに一回こっきりなのは勿体ない……のですが、むしろ10号だからこそ一回でもTVに乗せられた、という方が当時の状況には近いかも知れません。
『スーパー1』終了後、ファンの要望にこたえる形で雑誌展開のみで復活した10号ライダー、その締めくくりとしての特番でしたから。

また、一般的に「平成ライダー」と呼ばれているのは『クウガ』から。
『クウガ』→『アギト』→『龍騎』……の順番です。

投稿: エクスカリバー | 2013/04/06 20:50

エクスカリバーさん、補足ありがとうございます。

次期開催は新潟らしいですよ。
岡山では『V3』のフィギュアとハリケーン号が展示されてたようです。
福岡にはありませんでした・・・残念。

にしても、結構、シャッター押してたもんですね。(笑)

是非、機会があれば行ってみてください。
いろいろと感動しちゃいます。

投稿: Brian | 2013/04/06 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81988/57115477

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーアート展 in 福岡 その10:

« 仮面ライダーアート展 in 福岡 その9 | トップページ | 自宅の花々(4月上旬) »