« 『sugiyama kiyotaka acoustic solo tour " I AM ME "』 in 福岡 | トップページ | 仮面ライダーウィザード イン マジックランド »

獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック

E0033570_17331979
獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック』観ました。

お子様と混じって・・・。(笑)

スーパー戦隊シリーズの37作目となる「獣電戦隊キョウリュウジャー」の劇場版。

あらすじ:人気アイドルのMeekoこと天野美琴のコンサート会場にゾーリ魔が出現。

駆け付けたキョウリュウジャーの活躍で、ゾーリ魔は退けられる。

キョウリュウレッドこと桐生ダイゴは、かつて美琴と出会ったことがあったが、2人が再会を喜ぶ間もなく、今度は太古の戦騎デスリュウジャー=通称「D」が襲来し、美琴は連れされられてしまう。

Dの目的は獣電竜0号・トバスピノを手に入れることで、美琴の歌が獣電竜復活の鍵を握っていた。

Sub1_large
デスリュウジャーの方がカッコよくねぇsign02(笑)

声も宮野真守さんだし。

見た目がトリンが変身した感じだったので、観るまではそう思ってました。(笑)

Main_large
映画全編、ミュージカル風になってるのかとも思ってたけど、そうにあらず。

おかげで見易かったけど。

キョウリュウジャー登場シーンはカッコよかったよ。

さすが坂本監督noteみたいな。

その後のアクションシーンは坂本監督にしては、ちと物足りなかったかもsign02

映画特有の主役メカとのガブリンチョ(合体)がなかったのは、あれsign02って感じだった。

それでも安心して観れるのは、俳優や監督スタッフの賜物でしょう。

番外の見どころとしては、やはりエンディングnote

いろんな人が出てきて楽しめますよ。

|
|

« 『sugiyama kiyotaka acoustic solo tour " I AM ME "』 in 福岡 | トップページ | 仮面ライダーウィザード イン マジックランド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81988/58013837

この記事へのトラックバック一覧です: 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック:

» 『獣電戦隊キョウリュウジャー/ガブリンチョ OF ミュージック』(2013) [【徒然なるままに・・・】]
夏映画の<戦隊>はどうしても<ライダー>の前座的意味合いが強いので、見ていて物足りなさを覚える方が多いです。”一本の映画”としての見応えをしっかりと感じたのは去年の『ゴーバスターズ』が最初かなあ。しかし、今年は違うぞ!というのが予告編の段階から伝わってきたのがこの『劇場版キョウリュウジャー』!! 監督以下スタッフが、見せたいものというより自分たちが見たいものに絞り込んで作ったからですかね。もー30分があっという間で、歌あり踊りありアクションあり、のてんこ盛り状態でした。 ゲスト主役はスーパーア... [続きを読む]

受信: 2013/08/18 08:07

« 『sugiyama kiyotaka acoustic solo tour " I AM ME "』 in 福岡 | トップページ | 仮面ライダーウィザード イン マジックランド »