« 第47回スプリンターズS(GⅠ) | トップページ | 来春のために・・・ »

宇宙戦艦ヤマト2199

今日で『宇宙戦艦ヤマト2199』のテレビ放送が終了しました。

1974年の『宇宙戦艦ヤマト』を観てるものでも、充分に楽しめるものでした。

最終話を、どの様にするのか、楽しみにしてました。

そうじゃなくても、毎話楽しみに観てたけどね。

ガミラス本星も壊滅しなくて、ヤマトが助けたり、古代守はイスカンダルで死んでいたり、艦内で古代進を救うためでなく、ガミラスの女性を助けるために森雪が撃たれたりとか、終盤も設定がかなり変わっています。

放射能除去装置コスモクリーナーもコスモリバースシステムへと変更なってるしね。

さすがに沖田艦長の最期の時は、同じでしたが・・・。(これは変えれない、というか変えちゃいけないでしょ。)

森雪復活も兄弟愛がもたらすわけで、『宇宙戦艦ヤマト』とは異なります。

それでも充分楽しめました・・・それはBGMの力もあるのでしょうか・・・。

最終話におまけがあって、それは新作劇場版の告知でした。

こちらも楽しみですね。

|
|

« 第47回スプリンターズS(GⅠ) | トップページ | 来春のために・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81988/58290134

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト2199:

« 第47回スプリンターズS(GⅠ) | トップページ | 来春のために・・・ »