« ディズニーシー      No.5 | トップページ | 帰宅 »

30th Anniversary SUGIYAMA,KIYOTAKA The open air live 2013“SUGI ROCK fes."最終日

Cimg3054
30th Anniversary SUGIYAMA,KIYOTAKA The open air live 2013

“SUGI ROCK fes."

2013年9月1日 日曜日・DAY-2

真夏の野音最終日です。

この日は昨日に増して暑かったsweat01

ファン友さん達が先に列に並んでくれてたおかげで、後ろまで行かずに列に入れました。

お世話かけました。

3681375eこの日もお出迎えは、DA BUD'S [増田俊郎 & 杉山清貴]のアコースティックギターでの生演奏note

まっすんさんは本編で出番ないのに・・・ありがとうございました。

写真はオープニングのKT BANDの時のです。

前日、あれだけ唄ったのに元気でした。(笑)

オープニングは前日と同じ内容・・・ちょっとあれsign02と思ったけど、前日来てない人もいるからね。

<セットリスト>

KT BAND [今泉正義・角田俊介・南明男・後藤輝夫・高瀬順・奥野恵]

果てしない空の向こう

045

I AM ME

Harbor Lights

Another Wave     w/菊谷淳子

Happy Happy Days w/菊谷淳子

京浜ボーイズ [中島フミアキ & 杉山清貴]

京浜ボーイズ

工場地帯

夢見がち太陽ブギ

根本要 & 杉山清貴

ケンとメリー 〜愛と風のように〜

If I Fell

今夜だけきっと

弾き語り

Wishing your love

太陽は知っている

Gift

September Song

最後のHoly Night 〜version '96〜

風のLONELY WAY w/林仁

渚のすべて(MORNING MOON, RISING SUN) w/林仁

いつも君を想っている w/林仁

大島孝夫、廣石惠一、西原俊次、吉田健二、杉山清貴

Asphalt Lady w/大阪哲也、木戸やすひろ、比山貴咏史

君のハートはマリンブルー w/大阪哲也、木戸やすひろ、比山貴咏史

Riverside Hotel w/大阪哲也、木戸やすひろ、比山貴咏史

ふたりの夏物語 w/大阪哲也、木戸やすひろ、比山貴咏史

Rock Unit [是方博邦・石川俊介・杉山清貴]

LOVIN', TOUCHIN', SQUEEZIN' w/今泉正義

Purple Rain w/坂東慧

Joro(original) w/坂東

Journey to the mind(original) w/坂東

Magical Mystery Tour w/坂東慧、菊谷淳子、奥野恵

Scarborough Fair w/坂東慧、菊谷淳子、奥野恵

Breakdown Dead Ahead w/坂東慧、菊谷淳子、奥野恵

superstition

KT BAND

風の一秒

Loving

LOVE IS YOU

THANK YOU FOR CHRISTMAS

夢を見たのさ

さよならのオーシャン(Re-Arrange ver.)

Glory Love

LIVIN' IN A PARADISE

アンコール

ここから始まる物語 〜To begin with the end

さよならのオーシャン(Original ver.)

1235237_544295872286992_356879878_nこちらはスタレビの根本要さんとのセッションの模様。

去年の大阪野音同様、素敵なセッションとハーモニーnote

そして、この日一番の大爆笑シーンでしたsmile

要トーク、恐るべし・・・。(笑)

前後しますが、京浜ボーイズ[中島フミアキ & 杉山清貴] も,、めちゃ楽しかった。

中島フミアキに、「ためさ~んnote」と会場全体から黄色い声が響いてました。

1237849_544306168952629_1832897843_
オメガ登場sign01

そして、Asphalt Ladyで盛り上がった直後に、菊池桃子さん登場sign03

サプライズゲストです・・・杉山さんビックリsign02(笑)

生、菊池桃子、初めてみた~eye

1238184_544321795617733_707061036_n

Rock Unit の是方さんが、こんな素敵な場所で演奏できて嬉しいと言っておられました。

是方さんもカッコよかった~note(譜面が風に煽られていても、お構いなしで演奏されてました。スタッフは大変だったけどね。)

二日間の“SUGI ROCK fes."も終演の時が一刻一刻と近付いてます・・・。

もはや座っていられない状態です。

バラードが唄われても、総立ち状態です。

前日には無かったアンコールも今日はありました。

アンコール後、会場の観客みんなで唄った「ふたりの夏物語」は一生忘れません・・・会場との一体感も感じれたし、杉山さんのファン一人として参加できてよかったです。

素敵な二日間でしたnote

二日に亘って、杉山さんを見てたら、ほんとに唄うのが好きですよね。

それぞれのメンバーと唄いながら、そして会話しながらも絶えず笑顔happy01

ロックからバラード、フォークにと何を唄っても楽しそうnote

改めて、そう感じました。

そして、オメガ最高note杉山さん、カッコイイsign01

|
|

« ディズニーシー      No.5 | トップページ | 帰宅 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81988/58128575

この記事へのトラックバック一覧です: 30th Anniversary SUGIYAMA,KIYOTAKA The open air live 2013“SUGI ROCK fes."最終日:

« ディズニーシー      No.5 | トップページ | 帰宅 »