« 知られざる衝撃波~長崎原爆マッハステムの脅威~|NHKスペシャル | トップページ | 漫画家の中島徳博氏死去 »

るろうに剣心 京都大火編

Poster2『るろうに剣心 京都大火編』を遅まきながら、観に行きました。

解説:和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した「るろうに剣心」(2012)の続編で、原作のクライマックスにあたり、人気の高いエピソード「京都編」を描いた2部作の前編。

かつては「人斬り抜刀斎」と恐れられた緋村剣心は、新時代の訪れとともに穏やかな生活を送っていた。

しかし、剣心の後継者として「影の人斬り役」を引き継いだ志々雄真実が、全身に大火傷を負わせた明治政府へ復讐を企てていると知った剣心は、逆羽刀を手にとり、単身で志々雄のいる京都へ向かう。

Jppubphotomainrevrnk2_large
前作より2年経過してるとは感じられないくらいの出来でした。

(このシーンあったかな?)

Jppubphotosub1rnk2_large
初っ端から、なかなか迫力あるシーンがあって、映画ならではと感じました。

志々雄VS斎藤も観たかったけれど、さすがに初っ端にはないよね~(笑)

Jppubphotosub3rnk2_large
この場面が出た瞬間に、これって「八千代座」!?

昨年のGWに、実際訪れているので、感慨深く観てました。

天井にあるシャンデリアが特徴なんですよね。

なんか行ったことのある場所が映画の中に出てくると嬉しいものですね。

Jppubphotosub2rnk2_large
本題に戻ります。

『るろ剣』の原作とは違い、蒼紫の登場がどんな形になるのか、ある意味楽しみにしてた。

左之助と一戦交えるという原作にない登場の仕方が楽しめたのは面白かった!これで、剣心組との遺恨が出来たという理屈も出来るわけで・・・。(笑)

Jppubphotosub5rnk2_large
(まだ剣心と蒼紫は遭っていないので、もちろんこの場面も登場しないわけで・・・。)

これは『伝説の最期編』までのお楽しみですね♪

『伝説の最期編』では、壮絶バトルが目白押しになりそうなので期待大ですね。

もちろん、この『京都大火編』でも壮絶バトルがあるわけで。

前述した左之助VS蒼紫。

剣心VS志々雄一派(手下)これは、もう剣心無双状態(笑)

Jppubphotosub4rnk2_large

剣心VS宗次郎、ここで逆刃刀が折られちゃうわけで・・・。

剣心VS張、ホウキ頭じゃない張ですが(笑)、表情といいそれらしく見せるのは、三浦涼介くんの役者としての力量ですね。

ただ、このバトルでは違和感も・・・飛天御剣流の特徴である速さと高さが使い難い床下に誘うのは解せない。原作と映画は別物なのだろうけど、あそこまで原作に近い感じに作られちゃうとねぇ~。

剣心組+京都御庭番衆VS志々雄一派(手下)、十本刀がいない京都町中での戦いは、ちょっと物足りないものがあったけれど、そこは数の多さや偽志々雄が出たことで、それなりの見応えがありました。

剣心VS志々雄+十本刀、さすがに多勢に無勢・・・しかも志々雄相手じゃ勝てないよね、しかも『伝説の最期編』が控えてるわけだしね。(笑)

早く『伝説の最期編』が観たくなる作りであることは確か!

ラストに「謎の男」出現でした。

それにしても、どの役者さんも原作に近い役作りがされてて、努力が伺えました。藤原竜也さんの志々雄にしてもしかり、江口洋介さんの斎藤一も前作よりそれらしく感じられたし、神木隆之介さんの瀬田宗次郎しかり・・・原作のイメージというのが映画鑑賞してる人にあるからね~、アニメと実写は別物と分かっていても、出来上がってるイメージを払拭させて観ることは難しいですからね。

久々に、パンフ購入しました、820円とは高くなってきましたね~。

グッズも通販購入になってきてるんだね、小さい映画館にとっては良いことかもしれませんね。

|
|

« 知られざる衝撃波~長崎原爆マッハステムの脅威~|NHKスペシャル | トップページ | 漫画家の中島徳博氏死去 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
後編がすぐに公開と言うこともあってか、けっこうな人気っぷりですよね。
健くんらが若い世代を呼び込んでいるところもあるし。
前後編一気に・・なんて考えている人も少なからずいるんじゃないかな?

原作と比べたらきりがないけれど、アレンジも上手く作っていると思っています。
後編の予告も解禁され、ますます燃えてますよ~(笑)

投稿: たいむ | 2014/08/26 09:10

たいむさん、こんばんは。
コメントならびにTBありがとうございます。
原作をうまいことアレンジされてますよね。
後編への繋ぎに、「謎の男」登場とか・・・(笑)

あのままの剣心では勝てそうにない布石もなかなかでした。
後編もきっと、たいむさんが早いでしょうね。
熱が冷めないうちに観に行こうと思っています。

投稿: Brian | 2014/08/26 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81988/60196454

この記事へのトラックバック一覧です: るろうに剣心 京都大火編:

» 「るろうに剣心 京都大火編」みた。 [たいむのひとりごと]
2012年公開の『るろうに剣心』の続編で、原作のクライマックスにあたる「京都編」を描いた2部作の前編。前作ではなんとか「人斬り抜刀斎」を封印した剣心であり、そのまま薫の屋敷で穏やかに過ごしていたが、再... [続きを読む]

受信: 2014/08/26 09:05

» るろうに剣心 京都大火編 [単館系]
るろうに剣心 京都大火編 MOVIXさいたま8/1公開 かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心(佐藤健)。 刀を置き、平穏な生活を送る剣心は、ある日、剣心から影の人斬り役を引き継いだ 志々雄真実(藤原竜也)が京都でその名をとどろかせていることを知る。 政府が派遣した討伐隊は志々雄を前に成すすべがなく、最後の望みとして剣心に白羽の 矢が立つ。 志々雄の野心を阻止すべ...... [続きを読む]

受信: 2014/08/30 22:25

« 知られざる衝撃波~長崎原爆マッハステムの脅威~|NHKスペシャル | トップページ | 漫画家の中島徳博氏死去 »