« 九年庵周辺 | トップページ | STARDUST REVUE LIVE TOUR「SHOUT」 in 長崎 »

アナと雪の女王

Poster2

91tzwbwdpbl__sl1500_
『アナと雪の女王』やっと観ました!

手元にDVDがあると、なかなか観ないんだよね~。(苦笑)

解説:第86回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞し、主題歌賞を受賞した「Let It Go」とともに興行でも歴代記録を塗り替える大ヒットを記録したディズニーアニメーション。アンデルセンの「雪の女王」にインスピレーションを得て、運命に引き裂かれた王家の姉妹が、凍てついた世界を救うため冒険を繰り広げる姿を描いた。触れたものを凍らせる秘密の力を持ったエルサは、その力で妹アナを傷つけてしまうことを恐れ、城の部屋に閉じこもって暮らしてきた。やがて成長したエルサは女王の座に就くこととなり、戴冠式のためにひさびさに人々の前に姿を現すが、ふとしたきっかけで力が暴走。王国を真冬の世界に変えてしまう。耐えきらず逃げ出したエルサは雪山の奥で自らの力を存分に解放し、ありのままの自分でいられることに生きる喜びを見出す。一方、アナは姉と王国を救うため、山男のクリストフとその相棒のトナカイのスヴェン、夏にあこがれる雪だるまのオラフとともに、雪山の奥へと旅に出る。監督は「ターザン」「サーフズ・アップ」のクリス・バックと、「シュガー・ラッシュ」の脚本を手がけたジェニファー・リー。ピクサー作品を除いたディズニーアニメとして、アカデミー長編アニメーション賞を受賞したのは本作が初となる。日本語吹き替え版はアナに神田沙也加、エルサに松たか子。オリジナル版エルサ役のブロードウェイ女優イディナ・メンゼルが歌う「Let It Go」を、吹き替え版では松が歌い、その歌声も好評を博した。短編「ミッキーのミニー救出大作戦」が同時上映。

どんなかな~と思いつつ観ていたら、中盤からラストに向かって、結構楽しませてもらいました。

真実の愛は、だと思ったし。

それにしても、アナが、ああなるとは思わなかったけど、物語としては見事だったかな?

|
|

« 九年庵周辺 | トップページ | STARDUST REVUE LIVE TOUR「SHOUT」 in 長崎 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81988/60705015

この記事へのトラックバック一覧です: アナと雪の女王:

» 『アナと雪の女王』(2013) [【徒然なるままに・・・】]
アンデルセンの『雪の女王』は読んだことないし、実はどんなお話かも良く知らないのだけれども、このディズニー製のアニメが全然違うお話を組み立てているだろうことは想像に難くない。でもそれが功を奏したのか、なかなか面白かった。ディズニー創立90周年記念作品とのこと。ディズニー初のWヒロイン物、などと宣伝されているけれど、実はエルサとアナは対等ではない。物語の比重は明らかにアナに置かれている。作っていく過程でエルサのキャラクターが膨らみ、結果的にWヒロインと呼べるものになったのではないかな。意外に二人は絡まな... [続きを読む]

受信: 2014/11/24 18:44

« 九年庵周辺 | トップページ | STARDUST REVUE LIVE TOUR「SHOUT」 in 長崎 »